効能評価試験って何?

MENU

ドモホルンリンクルは全商品が効能評価試験済み


効能評価試験

ドモホルンリンクルは、ラインナップの全8商品が効能評価試験済みとされていますが、この「効能評価試験」とはどういうものなのでしょうか?


ドモホルンリンクルを使うことになるなら、どういう検査が行われているのか気になりますよね。それでちょっと調べてみました。


化粧品として記載できる効能は薬事法で定められています


日本では、化粧品に記載できる効能・効果についての範囲は「薬事法」で決められています。化粧品といっても、シャンプーからひげ剃り、歯磨き粉までカバーするものですので、私たちが普通に思い浮かべる化粧品に該当する部分というとこのぐらいです。

(19)肌を整える。
(20)肌のキメを整える。
(21)皮膚をすこやかに保つ。
(22)肌荒れを防ぐ。
(23)肌をひきしめる。
(24)皮膚にうるおいを与える。
(25)皮膚の水分、油分を補い保つ。
(26)皮膚の柔軟性を保つ。
(27)皮膚を保護する。
(28)皮膚の乾燥を防ぐ。
(29)肌を柔らげる。
(30)肌にはりを与える。
(31)肌にツヤを与える。
(32)肌を滑らかにする。


出典:東京都福祉保健局「広告基準 効能効果編


この規定は、長い間55項目だったのですが、2011年7月21日に56番目の効能効果として「(56) 乾燥による小ジワを目立たなくする。」が追加されたのですね!化粧品が小じわを目立たなくする効果を持つ、ということが堂々と記載できるようになったのは、ほんの5年ちょっと前のことなのです。


シワに効く効果を記載するためには試験をパスする必要がある


効能評価試験にパス

この56番目の効能効果、「(56) 乾燥による小ジワを目立たなくする。」という表現は、誰でも勝手に書いて良いということではありません。あらかじめ決められたガイドライン、試験をクリアしてはじめて、効能効果として記載できるようになります。



具体的には日本香粧品学会の定めた「化粧品評価法ガイドライン」の中の「新規効能取得のための抗シワ製品評価ガイドライン」に基づく試験、もしくはそれと同等以上の適切な試験を行って、効果が確認される必要があります。


この試験のことを、「効能評価試験」と呼んでいるんですね。


ドモホルンリンクルは全8商品が効能評価試験済み


ドモホルンリンクルは、一般に、洗い流すタイプやUVカット製品ではその効果を確認することは難しいとされているなかでも、全8商品すべてが効能評価試験済みです。


効能評価試験はコストがかかる試験で、安い化粧品のなかには効能評価試験をクリアしていないものも少なくありません。(当然、そうした商品ではシワに効くという記載は行えないわけですが・・)


日本の厳しい薬事法のなかでも、しっかり評価を得ているドモホルンリンクルの姿勢は、利用者にとっても非常に安心できるものだと思います。


TOPページでは、ドモホルンリンクルの無料お試しセットについて紹介しています。申し込む時の注意点、口コミ情報、他さまざまなお役立ち情報を紹介しています。