漢方医学とは?

MENU

漢方医学とは何でしょうか?


漢方医学

ドモホルンリンクルは漢方の理念をもとにして、お肌の力になる原料を厳選した基礎化粧品です。


ところで、漢方または漢方医学とはどういうものかご存知でしょうか?私もドモホルンリンクルを使う以上はちょっと気になり、調べてみました。



漢方というと、私自身は、中国の医術のことだと思い込んでいました。ですが、違うんですね。漢方とは、中国医学を基にして、日本で発展した伝統医学のことなのですね。


中国医学との大きな違いは、日本の漢方では、陰陽五行思想が排除されていることです。陰陽五行思想とは、ものごとのあらゆることを、陰(いん)と陽(よう)の二つの気と、万物は木・火・土・金・水の5種類の元素からなるという考え方から説明する思想のことです。


日本で発展していった漢方医学は、陰陽五行思想を排除することで、より具体的・実用主義的に発展していったとされています。漢方医学の特徴は、身体全体をみるところで、特定の臓器や組織に病の原因を求める西洋医学とは対照的です。


漢方薬とはどういうもの?


漢方薬

漢方薬は、漢方医学の理論に基づいて処方される医薬品です。


漢方医学が身体全体をみるものであることから、患者一人ひとりの体質を見ながら調合されます。体全体の調子を整えることで結果的に病気を治していく、という考え方なのですね。



漢方薬は生薬(しょうやく)ですが、生薬とは天然に存在する薬効を持つ産物から有効成分を精製することなく体質の改善を目的として用いる薬の総称です。


生薬となる天然産物には、植物由来のもの(薬用植物)、動物由来のもの、菌類由来のもの、さらに鉱物由来のものが含まれます。


ちなみに、漢方薬は生薬ですが、生薬すべてが漢方薬というわけではありませんので、そこは誤解しないようにしてくださいね。


漢方薬はれっきとした医薬品です


明治維新以降、西洋医学への信仰が強かった日本ですが、徐々に伝統的な漢方医学の長所が見直されるようになりました。


元日本医師会長の武見太郎氏の尽力によって、昭和42年に保険適用も受けられるようになり、今では漢方薬を元にしたさまざまな市販薬が販売されています。


2001年には、日本国内の大学の医学部の教育内容ガイドラインの到達目標に「和漢薬を概説できる」が加えられ、全国の大学でも漢方医学の講義が行われるようになってきているんですよ。


ドモホルンリンクルと漢方


ドモホルンリンクルと漢方

すべてのドモホルンリンクル製品には、天秤をかたどった「薬」のマークが付けられています。この薬は、言うまでもなく、漢方薬のこと。


ドモホルンリンクルが漢方の理念をもとに、お肌の力になる原料を厳選してつくられていることの証ですね。



漢方における長い歴史の中で、有効性・安全性が確認された和漢植物の自然の生命力によって、人が本来持っている「自己回復力」を目覚めさせて、身体の奥からじっくり治していこうとする漢方の考え方。


ドモホルンリンクルには、こうした漢方の理念に基づいてつくらています。


TOPページでは、ドモホルンリンクルの無料お試しセットについて、申し込む時の注意点、口コミ情報、他さまざまなお役立ち情報を紹介しています。