ドモホルンリンクルの品質管理

MENU

ドモホルンリンクルの徹底した品質管理


品質管理

ドモホルンリンクルは徹底した品質管理を行うことで知られています。通信販売という手法にこだわっているのも、つくりたての商品を届けるためです。


大量生産せずに、最低限必要な量だけを生産することで、品質を損なうことなく商品を届ける体制をとっています。



ドモホルンリンクルの無料お試しセットも例外ではなく、作り置きではなくて、注文が入ってから生産されます。受注から生産まで、効率化も追及されていて、受注後翌日には熊本の工場から発送できる体制を実現していると言いますから、驚きですね。


ドモホルンリンクルの製造基準


ドモホルンリンクルは、GMP基準という医薬品の製造基準にも劣らない管理システムの中で生産されています。GMP基準とは、適正製造基準 Good Manufacturing Practiceの略で、アメリカ食品医薬品局が最初に定めた製造品質管理基準です。


医薬品には高い製造基準が求められます。例えば、東京都では東京都健康安全研究センターより医薬品の製造業務の遵守事項が通達されています。


ドモホルンリンクルは、自社の製造基準、製造設備を動画で公開しています。手術ができるぐらいに管理が行き届いた工場でドモホルンリンクルが生産されていることが紹介されています。



製造設備の洗浄も徹底


ドモホルンリンクルは、製造設備の洗浄も徹底していて、毎日4時間、洗浄のために工場のラインを止めています。


分解するのに1時間、洗剤で洗い、エタノールで殺菌するのに2時間。そして、元通りに組み立てるのに1時間。合計4時間の洗浄を毎日欠かさずに行っています。



ドモホルンリンクルは全品検品を実施


ドモホルンリンクルは、生産した製品の一部を抜き取っての抜き取り検査ではなく、全品検品を行っています。


ひとつの製品ができあがるまでの検品に関わる人の数は10人以上で、容器のキズの有無や異物が混入していないか、検査機器だけでなく、検査スタッフが自分の目で確認しています。





ドモホルンリンクルは、品質管理試験の中で一番厳しいのは、人間の五感でおこなう試験という信念を持っていて、今後もこれを継続していくと宣言しています。


また、ドモホルンリンクルの品質管理室には、過去4年分の製品標本が保管されていて、製品の品質について問い合わせがあったときに、発送した商品と同じ日につくられた標本の状態をチェックしながら即座に答えられるようにしているということです。


品質管理を徹底し、商品が使い終わる最後のときまで責任を持ってくれる姿勢は、利用者の一人としてとても安心します。


TOPページでは、ドモホルンリンクルの無料お試しセットについて紹介しています。申し込む時の注意点、口コミ情報、他さまざまなお役立ち情報を紹介しています。