ドモホルンリンクルのコラム(まとめ)

MENU

お肌のターンオーバーのためには睡眠が重要

お肌のコンディションを保つために、睡眠はとても重要です。中高年になると、眠りが浅くなってしまうことがあるものですが、このこともお肌の状態を悪化させる原因の一つになっています。


眠っている間に、私たちの身体には何が起こっているのでしょうか?睡眠中にお肌に起こっているのが「ターンオーバー」です。(続きはこちら)

コラーゲンって何?

ドモホルンリンクルだけでなく、化粧品について調べてみると「コラーゲン」という言葉を良く耳にします。


良く聞くけれど、コラーゲンとは、正確には何なのか良くわからないという方も多いのでは。私自身もそうで、ずっと身体の関節やお肌を柔らかくしてくれるモトの成分ことかな?と思っていました。(それは完全にハズレという訳では無かったのですが・・)(続きはこちら)

メラニンって何?

メラニンは、メラノサイトと呼ばれる色素細胞で生成される色素のことを言います。


メラニンを産み出すメラノサイトは、メラニンを生成する機能があるだけで、メラニンを貯めておく細胞ではありません。メラノサイトは、酵素のチロシナーゼを持っていて、血液からのチロシンをメラニンへと変換(生成)させています。(続きはこちら)

紫外線って何?

紫外線(しがいせん)とは、その名の通り、光のスペクトルで紫より外側の可視光線です。


紫外線は、生体に対する破壊性が強く、有効に利用すれば殺菌効果などが活用できますが、人体に対して与える影響も大きく、日常生活の中でも注意をした方が良いものです。(続きはこちら)

お肌が乾燥していると老化を促進させてしまいます。

お肌の乾燥は女性の大敵。老化を促進させるだけでなく、さまざまなお肌のトラブルの原因となってしまいます。


乾燥肌を防ぐために重要なのは、お肌に水分を閉じ込めること。水分を与えることも大切ですが、それ以上に、いまある水分を失わないようにすることが大切なんです。(続きはこちら)

お肌の構造はどうなっているの?

ドモホルンリンクルを使っていると、お肌もしっかりケアしてくれますが、そのお肌はどのような構造になっているのでしょうか?


お肌、つまりヒトの皮膚は、体重の6〜7%を占める、身体の中でも最も大きい器官とも呼ばれています。お肌は基本的に3層構造になっています。上から、表皮、真皮、皮下組織です。(続きはこちら)

お肌の糖化、メイラード反応とは?

ダイエットをしたことがある人ならご存知かもしれませんが、人間の身体は、炭水化物を燃焼させて活動するエネルギーを得ています。カロリーがそもそも熱量の単位であることは良く知られていますね。


きれいに燃えてくれれば良いのですが、人間の身体も、コゲ付きしてしまうことがあるのです。これがメイラード反応(糖化反応)と呼ばれる現象です。(続きはこちら)

お肌の酸化とは?

鉄のような金属とか、食べ物を空気に触れた状態で放置しておくと、変色したり錆びたりしてしまいます。実は同じような現象がお肌にも起きています。紫外線や、炎症反応などで活性酸素が発生すると、それがタンパク質やDNAを攻撃し、老化の原因となります。


若いうちは、抗酸化酵素の働きで防ぐことができた活性酸素も、年齢とともに防ぐ力が低下していきます。年齢を重ねることで、錆びやすく老化しやすい肌になっていってしまうのです。(続きはこちら)

花粉症対策について

花粉症の季節がやってくると憂鬱になる人も多いでしょう。


くしゃみ、鼻水が止まらず、目も痒い。お肌のケアとかを考える前に、そもそも化粧もぐちゃぐちゃに崩れてしまう。いったいどうしたら良いの?と思ってしまいます。


花粉症は、花粉に対しての身体のアレルギー反応が過剰に現れてしまう、アレルギー疾患のひとつです。(続きはこちら)

ドモホルンリンクルは台湾でも人気

ドモホルンリンクルは、基本的に日本国内だけで販売されている基礎化粧品ですが、唯一海外展開しているのが台湾です。


ドモホルンリンクルが台湾での販売を開始したのは、2012年のこと。ドモホルンリンクルが台湾に注目したのは、台湾には親日家も多く、漢方に関心を持つ人も多いことから、親和性があるのではと考えたようです。


最初は美容ジャーナリストや芸能人などを中心に知名度が高まり、現在は台湾の多くの女性たちにもなじみのあるブランドとなっています。(続きはこちら)

紫外線はDNAも傷つける

紫外線は化学的な作用が大きい光で、お肌への影響という点では、紫外線はメラニンの生成を通じて、お肌のシミや老化の原因となってしまう問題があります。


ところが、紫外線の影響はそれだけではありません。紫外線を浴びると、細胞のDNAもダメージを受けてしまうのです。


DNAのダメージを放置しておくと、メラニンの生成が進んでしまいます。もしDNAがダメージを受けてしまったら、できるだけ早く修復させることが必要になってきます。(続きはこちら)

結婚式の準備にドモホルンリンクル?

6月といえば『ジューンブライド』をイメージする人も多いでしょう。


結婚式は人生の一大イベント。結婚式を目標に、ダイエットや脱毛など、特別なボディケアを始める女性は多いものです。


世代的にちょっと意外ですが、結婚式をきっかけにドモホルンリンクルを使い始める人が増えているということなんです。(続きはこちら)

ドモホルンリンクルの出張イベント

ドモホルンリンクルは、基本的に通販のみで販売している基礎化粧品です。


既に利用している人でなければ、実際に手に取ってみる機会はなかなかありませんが、『実際に見たい、手に触れたい』という要望は少なく無いようです。


このため、ドモホルンリンクルでは定期的に出張イベントを実施しています。(続きはこちら)

ドモホルンリンクルとダイエットの関係

ドモホルンリンクルは年齢肌のための基礎化粧品ですが、公式サイトなどではダイエットについての情報も発信されています。


適切にダイエットすることで、ドモホルンリンクルの効果がさらに引き出されます。


食事制限よりも、適切に運動することで、体重が減るだけでなく、お肌にとっても嬉しい効果がさまざまに出てくるのです。(続きはこちら)

梅雨時こそドモホルンリンクルを使うべき?

梅雨(つゆ)とは、毎年、5月から7月にかけて毎年めぐって来る曇りや雨の多い期間のこと。


梅雨は、春の終わりであるのとともに、夏の始まりでもあります。季節の変わり目で、お肌の調子も変わりやすい時期です。


ドモホルンリンクルからは、梅雨の時期こそドモホルンリンクルをしっかり使って欲しいというメッセージが発信されています。(続きはこちら)

猫のために生まれたドモホルンニャンクル?

インターネット上で、『ドモホルンニャンクル』という言葉を見ることがあるかも知れません。


これは、2017年のエイプリルフールに、ドモホルンリンクルを製造販売している再春館製薬所が公開した動画がモトになっています。


いわゆるエイプリルフールネタですけれど、さすがに完成度の高い!のです。(続きはこちら)

梅雨のむくみに効果的な食材とは?

ドモホルンリンクルは年齢肌のための基礎化粧品ですが、身体をつくる基本は食事から、という発想で、美容にも良い食事について、時折メッセージを発信しています。


とくにドモホルンリンクルの基本理念である漢方の考え方に基づいて、食事を提案。


梅雨の時期に、もっとも体に影響を与えるのは『湿度』で、食事もここに配慮したものにすると良いということなんです。(続きはこちら)

ドモホルンリンクルは女性に優しい職場環境

ドモホルンリンクルを製造販売する再春館製薬所は、熊本県にありますが、熊本県内でも女性に優しい職場環境を提供する企業として知られています。


そんな再春館製薬所で働く社員の声を、ドモホルンリンクルの公式Facebookアカウントでは定期的に発信しています。(続きはこちら)

女性ホルモンと美容の関係

女性ホルモンはお肌にとって非常に重要です。女性ホルモンには、エストロゲンとプロゲステロンの2種類があります。


エストロゲンやプロゲステロンの分泌は、月経周期に伴い大きく変動することを知っておくことが重要です。(続きはこちら)

美肌のためにはホルモンバランスを保つことが重要

ホルモンバランスという時には、女性ホルモンと男性ホルモンの分泌バランスという視点もあります。


ホルモンバランスの問題を解決するためには、エストロゲンを適切に補うことが重要ですが、その際に役に立つのが『イソフラボン』です。(続きはこちら)

土用の丑の日にはどうして鰻を食べることになったの?

日本の夏の風物詩として、暑い時期を乗り切るために栄養価の高いウナギを食べるという習慣があります。


ところで、なぜ土用の丑の日に鰻を食べるようになったのでしょうか?そもそも土用の丑の日って何でしょう?解説します。(続きはこちら)

ドモホルンリンクルと富山の薬売りとの関係

漢方とは、中国医学を基にして、日本で発展した伝統医学のことですが、日本の伝統医学と言うと『富山の薬売り』という言葉を思い出します。


果たして、ドモホルンリンクルと富山の薬売りとの間には、何か関係があるのでしょうか?そもそも富山の薬売りとは何なのでしょう?解説します。(続きはこちら)

ドモホルンリンクルを夏の汗ばむ時期でも快適に使うコツ

ドモホルンリンクルは効果があると分かっていても、夏の暑い時期には、べたつきが気になってついつい手入れを疎かにしてしまいがちです。


でも、実は夏こそ肌のお手入れに絶好の季節!というメッセージがドモホルンリンクルの公式Facebookで発信されています。(続きはこちら)

ドモホルンリンクル2017年秋の出張イベント

ドモホルンリンクルは、基本的に通販専売になっていて、実際に手で触れられる機会は多くはありません。それでも、ドモホルンリンクルも最近は出張イベントなどでの商品紹介に力を入れています。


今回、ドモホルンリンクルより、2017年秋の出張イベントの予定が公開されましたのでご紹介します。(続きはこちら)

ドモホルンリンクルで秋のお肌ケア

秋は、食事も美味しく、スポーツにも最適な気持ちの良い季節ですが、それでも、お肌のケアについては要注意!


ドモホルンリンクルでは、秋のお肌ケアとして、特に「泡の集中パック」と「美活肌エキス」を重視することを奨めています。(続きはこちら)

敬老の日の贈り物にドモホルンリンクル

ドモホルンリンクルの公式Facebookで、敬老の日の贈り物にドモホルンリンクルはいかがですか?と提案・発信されています。


ドモホルンリンクルが販売されたのは1974年ですから、もう40年以上歴史がある基礎化粧品です。お母さんが娘に伝えて、今では、祖母、母、娘と3代でドモホルンリンクルを使用しているご家族も多いようです。(続きはこちら)

ドモホルンリンクルの台湾での人気が拡大

台湾で、ドモホルンリンクルはさらに大きな賞を受賞したというニュースが報道されています。


2017年9月1日に、台湾美容界のアカデミー賞と言われる『女人我最大賞』が発表されましたが、ドモホルンリンクルは、通販7部門において、エントリー製品すべてが大賞を受賞しました。(続きはこちら)

毎年11月14日はアンチエイジングの日

ドモホルンリンクルは年齢肌のための基礎化粧品ですが、毎年11月14日は『アンチエイジングの日』に定められていることをご存知でしたか?


『アンチエイジングの日』とは、11月14日を「いいとし」と読み、その語呂合わせから2007年に命名されたものです。(続きはこちら)