お肌のターンオーバーのためには睡眠が重要

MENU

肌のターンオーバーは睡眠でキープ

お肌のコンディションを保つために、睡眠はとても重要です。中高年になると、眠りが浅くなってしまうことがあるものですが、このこともお肌の状態を悪化させる原因の一つになっています。


眠っている間に、私たちの身体には何が起こっているのでしょうか?



睡眠中にお肌に起こっているのが「ターンオーバー」です。ターンオーバーとは、お肌の細胞が、生まれ変わっていくサイクルのことを意味しています。

お肌のターンオーバーとは?

お肌のターンオーバーとは、約4週間で一巡する、お肌の細胞のサイクルです。


お肌の奥で生まれた細胞は、少しずつ上に押し上げられていき、約4週間かけてお肌の表面までたどり着くと、役目を終えて剥がれ落ちます。この一連の流れが、よく耳にする「お肌のターンオーバー」です。


そして、ターンオーバーに重要な役割を果たすのが「成長ホルモン」です。成長ホルモンが分泌されることで、お肌のターンオーバーが促されるわけですね。


昔から、寝る子は育つとよく言いますよね。実際の研究でも、成長ホルモンは、睡眠中に活発に分泌されることが分かっています。寝ている間に、お肌のターンオーバーが起こり、私たちのお肌は日々新しく生まれ変わっているわけですね。

睡眠のゴールデンタイム

成長ホルモンは、睡眠中に活発に分泌されますが、寝ている間ずっと活発に分泌されているわけではありません。睡眠は、深い眠り(ノンレム睡眠)と浅い眠り(レム睡眠)が繰り返されるという規則的なリズムがありますが、とくに眠りはじめの3時間ぐらいまでの深い眠り(ノンレム睡眠)のタイミングで多く分泌されることが分かっています。


時間でいうと、夜10時から午前2時ぐらいまでの間ですが、この時間が「お肌のゴールデンタイム」と呼ばれ、もっとも活発に成長ホルモンが分泌され、お肌のターンオーバーが促進されるタイミングです。

質の良い睡眠を得るためには

肌のコンディションを保つには、睡眠の質を高めることが重要です。睡眠は、生活習慣が大きく影響を与えますので、規則正しい生活を心がけるのが一番です。


食事
カフェインやアルコールは、眠りを妨げたり、眠りを浅くしてしまいます。寝る前に摂ることは控えた方が良いでしょう。逆に、牛乳に含まれるトリプトファンや、コラーゲンやゼラチンに多く含まれるグリシンは、寝付きを良くする効果があることが知られています。寝る前の食事にも気を付けるようにしましょう。


照明
部屋の照明が明るすぎると、脳に必要以上に強い刺激を与えてしまい、寝付きを悪くしてしまいます。寝る前は、部屋の照明を抑えた方が良いです。あと、気を付けた方が良いのはスマートフォンです。スマホの画面からの光が寝付きを妨げてしまいますので、メール連絡などは早めに切り上げられるようにしましょう。


リラックスが需要
ぐっすり眠るためには、心身ともにリラックスしていることが重要です。自分が落ち着ける音楽や、好みの香りなどで、心と身体を落ち着かせましょう。

ドモホルンリンクルの意外な?効果

ドモホルンリンクルを使用する効果のひとつとして、「生活習慣が規則正しくなる」ということがあります。


ドモホルンリンクルは、「朝と夜しっかり順番通り」に使うことが推奨されていて、これは無料お試しセットのなかに入ってくる冊子でも繰り返し説明されています。



実際に使い始めてみると、ドモホルンリンクルを継続して使っていくことで、効果が現れてくることが分かってきます。そうすると毎朝、早起きしてでもドモホルンリンクルでケアをする時間を作るようになってきます。これが生活習慣を規則正しくすることに、大きな効果があるんですね。


ドモホルンリンクルを使い始めることで、早寝早起きする規則的な生活習慣も身についてきます。生活習慣が規則正しくなると、身体そのものが健康的になり、身体の内側からも美しくなってくるという好循環が回り始めます。


ドモホルンリンクルは、規則正しい生活習慣もサポートしてくれるのですね。


ぐっすり寝て、成長ホルモンの分泌を活発にして、お肌のターンオーバーを促進してくださいね。お肌のターンオーバーをキープして、ドモホルンリンクルをしっかり使いましょう!


TOPページでは、ドモホルンリンクルの無料お試しセットについて紹介しています。申し込む時の注意点、口コミ情報、他さまざまなお役立ち情報を紹介しています。