アマモの美白効果

MENU

アマモによる美白効果とは

アマモ

ドモホルンリンクルには、紫外線などの刺激によるメラニンの生成を抑え、色素の沈着を防ぐ美白効果を持つ成分として、海草のアマモの成分を配合しています。


アマモは、太平洋岸に群生している海草で、海中に生える種子植物です。このためワカメやノリなどの海藻とは区別され、草と呼ばれています。


海草が育つには、汚染されていない清浄な海水や砂泥が必要です。このため、アマモの生育状況は、沿岸の環境指標のひとつにもなっています。


アマモのメラニン抑制効果

アマモのメラニン抑制効果

お肌のシミは、紫外線などの刺激によりメラニンが過剰につくられることで出来やすくなります。


ドモホルンリンクルの研究により、アマモにはメラニンの生成を抑える効果があることが分かっています。メラニンをつくる細胞にアマモを添加して、メラニンのつくられる量を調べたところ、無添加状態と比較して、約60%に抑えられたという結果が得られています。


アマモの色素沈着抑制効果

アマモの色素沈着抑制効果

ドモホルンリンクルでは、アマモのメラニン合成抑制効果を確認するため、実際に人間の皮膚で色素沈着の状態を調べています。


アマモエキスを塗布した状態と、何も塗らない状態で、同量の紫外線を照射すると、アマモエキスを塗布した状態では色素沈着を抑える効果があることが確認されています。



チロシナーゼによるメラニン合成を防ぐことがポイント

メラニンを形成する細胞をメラノサイトと呼びますが、このメラノサイトは酵素のチロシナーゼを持っていて、血液からのチロシンをメラニンへと変換させていきます。このチロシナーゼによるメラニン合成を防ぐことが、美白の重要なキーポイントのひとつです。


例えば、ビタミンCにはチロシナーゼの活動を抑制する効果があり、このためビタミンCには美白効果があると言われるのです。


アマモの効果

アマモの効果は、ビタミンCのようにチロシナーゼの活動を抑制するというよりは、チロシナーゼの量そのものを抑える効果があることが分かってきています。


現在では、アマモには、チロシナーゼの量を遺伝子レベル(mRNA発現量)で抑制する効果があるということまで分かってきているということです。



ドモホルンリンクルには、和歌山県日高町の海からとれた良質のアマモを厳選して配合しています。これがドモホルンリンクルの美白効果の大きな力になっているんですね。


TOPページでは、ドモホルンリンクルの無料お試しセットについて、申し込む時の注意点、口コミ情報、他さまざまなお役立ち情報を紹介しています。