ドモホルンリンクルの微粒子化とは

MENU

ドモホルンリンクルの微粒子化の取り組み

ドモホルンリンクルの微粒子化

ドモホルンリンクルでは、お肌の奥に有効成分を届けるために『微粒子化』に力を入れています。


微粒子化とは、文字通り、有効成分の粒子を小さくすることです。ドモホルンリンクルでは、ビタミンCの場合でいうと、1mmの100万分の単位までサイズを小さくすることが可能になっています。


アマモの美白効果でも解説しましたが、メラニンの生成を抑えることは非常に重要です。


メラニンを形成する細胞をメラノサイトと呼びますが、このメラノサイトは酵素の一種であるチロシナーゼを持っていて、血液からのチロシンをメラニンへと変換させていきます。このチロシナーゼによるメラニン合成を防ぐことが、重要なポイントのひとつなのです。


微粒子化の効果

微粒子化の効果

ビタミンCにはチロシナーゼの活動を抑制する効果があり、このためビタミンCには美白効果があると言われています。


ところが、このビタミンCも、表皮の奥にあるメラノサイトに届かなければ効果を発揮することができません。そこで重要になってくるのが『微粒子化』です。


ドモホルンリンクルの微粒子化技術により、1mmの100万分の単位までサイズを小さくしたビタミンCは、微粒子化する前の状態と比較して、約4倍の浸透率が確認されています。


さらに温めることも重要

温めることも重要

ドモホルンリンクルの研究では、お肌を温めることも、有効成分の浸透率を高めるのに役に立つことが分かっています。


25℃と人肌程度の37℃でビタミンCの浸透量を比較すると、明らかに37℃の方が浸透率が高いことが分かったのです。



これはお肌が温まることで、細胞を固定する脂質の構造が柔らかくなり、その結果、お肌がほぐれて成分が浸透しやすくなったものと考えられています。



手の温もりをお肌に伝えることは、重要な効果があったのですね。日々、じっくりと手でお肌の手入れをしていくことは、確実にお肌の状態をより良いものに改善していくのです。


TOPページでは、ドモホルンリンクルの無料お試しセットについて、申し込む時の注意点、口コミ情報、他さまざまなお役立ち情報を紹介しています。