メラニンって何?

MENU

メラニンとはどういうもの?

メラニン

メラニンは、メラノサイトと呼ばれる色素細胞で生成される色素のことを言います。


メラニンには、主に黒褐色の真性メラニン(eumelanin:エウメラニン)と、橙赤色の亜メラニン(Pheomelanin:フェオメラニン)の2種類があります。



メラニンを産み出すメラノサイトは、メラニンを生成する機能があるだけで、メラニンを貯めておく細胞ではありません。メラノサイトは、酵素のチロシナーゼを持っていて、血液からのチロシンをメラニンへと変換(生成)させています。


メラニンはもちろん意味が無く作り出されているわけではありません。太陽からの紫外線をそのまま浴びてしまうと、細胞核のDNAがダメージを受けてしまう可能性があります。そこで、褐色のメラニンを生成して、皮膚のメラニン色素で紫外線を吸収させるのです。


メラニンは、言ってみれば、紫外線のダメージを防ぐ「日傘」の役割を果たしているのです。


メラニンの生成は美容的には大きな問題に

メラニンによるシミ

メラニンは紫外線を防ぐという重要な働きを持っているのですが、過剰に生成されたりすると、それがお肌にシミとして残ってしまいます。


年齢肌の美容を考えるうえで、シミを防ぐことはとても重要です。


シミは色素斑(しきそはん)とも呼ばれ、メラニン色素が皮膚に沈着することにより生じますす。


このため、ドモホルンリンクルで講じられているさまざまなシミ対策の多くは、メラニンとも深く関わるものになっています。


メラニンを単純に減らすだけでは、紫外線からのダメージを防ぐ機能も一緒に失ってしまうことになりかねません。このため、ドモホルンリンクルでは、自己回復タンパクに注目して、お肌が自分の力で守る機能を高める工夫も同時に行っています。


TOPページでは、ドモホルンリンクルの無料お試しセットについて紹介しています。申し込む時の注意点、口コミ情報、他さまざまなお役立ち情報を紹介しています。