紫外線って何?

MENU

紫外線とはどういうもの?

紫外線

紫外線(しがいせん)とは、その名の通り、光のスペクトルで紫より外側の可視光線です。


可視光線とは、電磁波の中で人間の間で見える波長のものですが、可視光線よりも波長が長いものが赤外線となり、可視光線よりも波長が短いものが紫外線となります。


赤外線が熱的な作用を及ぼすことが多いのに対して、紫外線は化学的な作用が大きいという特徴があります。


紫外線は、生体に対する破壊性が強く、有効に利用すれば殺菌効果などが活用できますが、人体に対して与える影響も大きく、日常生活の中でも注意をした方が良いものです。


美容の観点からは、紫外線がメラニンの生成に及ぼす影響が大きく、紫外線はメラニンの生成を通じて、お肌のシミや老化の大きな原因の一つとなっています。


紫外線の種類

紫外線は、波長によって3つに分類されます。

UV-A(波長315-380nm) 真皮層にまで到達し、UV-Bによって生成されたメラニンを酸化させて褐色に変化させます。冬や朝夕でも光線量があまり減衰しません。
UV-B(波長280-315nm) 表皮層に作用して、色素細胞が反応してメラニンを生成します。いわゆる日焼けを起こす波長です。
UV-C(波長200-280nm) オゾン層で守られている地表には通常では到達しません。生体に対する危険性は最も高いものです。


紫外線の美容面での影響を考えるときには、UV-A、UV-B、この2つについて対策することが重要となってきます。


紫外線の影響

特に、UV-Aの影響については注意が必要です。


UV-Bは、表皮層に作用し、日焼けの直接の原因になるものですので、影響が目に見えて分かるため対策も取りやすいものです。


UV-Aは、真皮層に作用するものですので、目に見えて影響がすぐわかるというものではありません。このため、UV-Aの対策は遅れてしまいがちです。


さらにUV-Aは、季節や時間帯の影響が少なく、曇りの日でもそれほど減衰することがありませんし、家のガラスも透過してしまいます。冬でもUV-Aの影響は受けてしまうのです。


UVケア用品もそれぞれの波長に対応

日焼け止めなどのUVケア商品も、UV-A、UV-B、それぞれの波長に対応しています。


日焼け止めの効果を表す指標として、「SPF」とか「PA」というものがありますが、それが各波長に対しての効果を現わしています。

SPF(Sun Protection Factor)

SPF(えすぴーえふ)は、Sun Protection Factorの略で、UV-B波をカットする力を示す指標です。


SPFは数字で示されます。使用者が約20分の間に日焼けの紅斑を引き起こす最小の紫外線量に比べて、塗布時に何倍の紫外線にまで耐えられるかがSPFの数値の根拠となります。


例えば、日焼けの紅斑が現れるまでに約20分程度かかる人がSPF10の日やけ止めを塗った場合は、10倍の紫外線量を20分浴びると紅斑が生じてくるということを意味します。


このSPF10の場合、紫外線量が同じ場合は、10x20=200分の紫外線(UV-B)防御効果を持つ、というふうに考えられることが多いですが、塗布した日焼け止めが水濡れなどで落ちてくる、という影響も考える必要があります。


PA(Protection grade of UVA)

PA(ぴーえー)は、Protection grade of UVAの略で、UV-A波をカットする力を示す指標です。


PAは+の数で効果が示されますが、+の数の根拠は、UV-A波によって引き起こされる皮膚の黒化を計測するためのPDD値という、SPF同様の考え方が背景にあります。


PA+(効果がある)、PA++(かなり効果がある)、PA+++(非常に効果がある)、PA++++(最も効果が高い)の4段階となっています。


ドモホルンリンクルの紫外線対策

ドモホルンリンクルは、シミの防止、老化の抑制という観点から、さまざまな角度から紫外線対策を行っています。


そのなかでも、直接紫外線を防ぐUVケア用品、日焼け止めとして機能するのは『光対策素肌ドレスクリーム』です。


『光対策素肌ドレスクリーム』は、SPF50/PA++++と最強レベルのUVカット用品です。ドモホルンリンクル全8商品の最後を締めるものとして、お肌をしっかり紫外線から守ってくれますよ。


TOPページでは、ドモホルンリンクルの無料お試しセットについて、申し込む時の注意点、口コミ情報、他さまざまなお役立ち情報を紹介しています。