花粉症対策について

MENU

花粉症の季節は悩ましい

花粉症

花粉症の季節がやってくると憂鬱になる人も多いでしょう。


くしゃみ、鼻水が止まらず、目も痒い。お肌のケアとかを考える前に、そもそも化粧もぐちゃぐちゃに崩れてしまう。


いったいどうしたら良いの?と思ってしまいます。


花粉症は、花粉に対しての身体のアレルギー反応が過剰に現れてしまう、アレルギー疾患のひとつです。春先のスギ花粉症で悩む人は多い買ったのですが、最近では、秋にも花粉症に悩まされる人が増えてきました。

春の花粉症と秋の花粉症では原因が違う

花粉症の原因

春の花粉症と秋の花粉症では、原因となる花粉が違うのです。


春の花粉症は、主にスギ花粉によって引き起こされ、花粉が飛散する距離が広範囲に及びます。


秋の花粉症は、イネ科やキク科などの草本とよばれる雑草によって引き起こされ、花粉が飛散する距離は限られます。

春の花粉症の特徴

春先の花粉症は、主にスギ花粉によって引き起こされます。日本では、1960年頃から花粉症の症状を訴えるひとが急増しました。これは、第二次世界大戦後、住宅再建などの木材需要の増加に備えて、国がスギの植林を推奨したことが原因と言われています。


スギ花粉は飛散距離も広範囲に及び、スギ花粉症に悩む人は2500万人に及ぶという説もあります。現在では、北海道と沖縄を除いては、日本全国で発生していて、国民病と言っても良いような状況になっています。


春の花粉症と、秋の花粉症を比べると、春の花粉症の方が、予防や対策が明らかに難しいと言えます。

秋の花粉症の特徴

秋の花粉症は、イネ科やキク科などの草本とよばれる雑草によって引き起こされます。具体的には、カモガヤ、ブタクサ、ヨモギなどの花粉によって、花粉症が発症することが分かっています。


秋の花粉症は、原因となる植物の特性から、花粉が飛散する距離が限定的です。県単位でも市町村単位でもなく、特定の公園とか、川沿いとか、そうした限定的な場所で発生する傾向があります。例えば、ジョギングコースを変える、通勤経路を変える、などでも防げることがあります。


花粉症の薬には注意も必要

花粉症の薬

花粉症は、空中に飛散している花粉と接触して抗体ができ、その後再び花粉に接触すると過剰な免疫反応が起こるものです。この過剰な免疫反応が、すなわちアレルギー反応(花粉症)です。


抗体とは、本来は体内に侵入した細菌や毒素などの異物を無害化したり排除したりするためのものです。人体にはIgG、IgM、IgA、IgD、IgEの5つのタイプの抗体が存在しますが、このなかで花粉症に関係するのはIgEです。


花粉に接触して、花粉アレルゲンがIgEに結合すると、さまざまな化学伝達物質(ケミカルメディエーター)が遊離して、花粉症特有の症状を引き起こします。この化学伝達物質(ケミカルメディエーター)のうち、最も重要なものがヒスタミンロイコトリエンです。

抗ヒスタミン剤(抗ヒスタミン薬)

ヒスタミンは、知覚神経を刺激して、かゆみを感じさせたリ、くしゃみを引き起こします。さらに分泌中枢を刺激して、鼻汁の分泌も増加させます。


抗ヒスタミン剤(抗ヒスタミン薬)は、このヒスタミンの作用を抑制する薬品です。抗ヒスタミン剤(抗ヒスタミン薬)は、第一世代では眠気を引き起こす副作用があったため、現在では、よりかいりょうされた第二世代のものが登場しています。


抗ヒスタミン剤(抗ヒスタミン薬)は、市販されているものも多く、街中の薬局、ドラッグストアでも購入することができます。現在、花粉症の薬としては、抗ヒスタミン剤(抗ヒスタミン薬)が中心となっています。

ロイコトリエン拮抗薬

ロイコトリエンは、水分を染み出させて粘膜の腫れを引き起こし、鼻詰まりの原因となります。


ロイコトリエン拮抗薬は、ロイコトリエンの作用を抑制する薬品です。ロイコトリエン拮抗薬は、一般に市販されてはおらず、医療機関での処方箋が必要となります。


花粉症が酷い時、ドモホルンリンクルはどうする?

花粉症の症状が酷い時、ドモホルンリンクルはどのように使ったら良いのか?そもそもどうやってお肌のお手入れをしたら良いのか?と悩むことも多いでしょう。


ドモホルンリンクルの掲示板に、とても役に立つQ&Aが掲載されていましたので、ご紹介します。

@一旦、ドモホルンリンクルの使用を止めて、飲み薬と塗り薬で様子を見てみる。


A赤?みやはれなどの炎症が落ち着いて、吹き出物がおさまったら、『保湿液』と『保護乳液』だけで、保湿中心の手当てをしてみる。


Bストレスや睡眠不足は身体の抵抗力を弱めるため、しっかり睡眠をとり、リラックスした時間を過ごすように心がける。


C食事の面では、殺菌・消炎作用・抗アレルギー作用がある、カテキン・ポリフェノール(緑茶・赤ワイン・ココア・甜茶)、鼻などの粘膜を強化しアレルギー症状を起き難くする乳酸菌(ヨーグルト・チーズ)、皮膚や粘膜を保護し、免疫力を高めようとするβ-カロチン(にんじん・かぼちゃ・ほうれん草・ピーマン)、アレルギー症状の予防に効果のあるEPA・DHA(いわし・さんま・さば)などを積極的に摂りいれるのも効果的。


花粉症の時期は辛いものですが、ぜひこうした情報を参考に、乗り越えてくださいね。


TOPページでは、ドモホルンリンクルの無料お試しセットについて紹介しています。申し込む時の注意点、口コミ情報、他さまざまなお役立ち情報を紹介しています。