ドモホルンリンクルでシミやシワは消えるの?

MENU

ドモホルンリンクルの効果はどれくらいでしょうか?


ドモホルンリンクルは、お肌がもともと持っている『自己回復力』を身体の奥底から呼び起こしてじっくり治していこうという漢方をベースに作られた商品です。


ドモホルンリンクルは年齢肌の回復を目的に作られていますので、購入を検討される方の年齢層はやはりお肌の衰えが気になってくる40代の方が多いようですが、ドモホルンリンクルの製造元、再春館製薬では『30代になったらドモホルンリンクルを始めましょう』って言っているのですよね。


それはなぜなのでしょうか?


40代に入って使うということは回復目的になると思うのですが、30代から使用するということは、まだ肌の衰えを感じていない内に40代になっても衰えないための『予防線』を先に張っておきましょう!って意味なのです。


本来、基礎化粧品とは、年齢を重ねた時にいかにきれいなお肌を保っていられるかを実行するための『予防』の為に使用する事が目的なのですから、出来てしまったシミやシワをなくすのは難しいんですね。


残念ながら出来てしまった事実をなかったことには誰にも出来ないのですから、早めの30代から始めて、はじめから作らない努力をするってことなのですね。


シミとは、皮膚の深い部分にある基底層と言う所でメラノサイトが紫外線によって変化してしまい、それが表皮にまで現れて来るものです。加齢によりターンオーバーが衰えるとそのシミがいつまでも剥がれ落ちずにどんどん蓄積されてしまい、表皮に残ってしまうのですね。


シワはお肌の中の内でも、表皮の奥の真皮の中にある、コラーゲン・ヒアルロン酸・エラスチンと言ったお肌のハリと弾力を支えている成分が、加齢や光老化などによって減少してしまうために出来てしまいます。


そこでドモホルンリンクルの成分を確認してみると、出来てしまったシミを消すために必要なハイドロキノンなどは入っておらず、これからシミを作らないための成分が配合されていることが分かります。


ドモホルンリンクルの主力商品である「美白化粧品 美白肌エキス」の表記には、『美白とはメラニンの生成を抑え、シミ・ソバカスを防ぐことです』とあります。


30代であれば、まだシミやシワは少ないと思いますので、余計なものがない内にドモホルンリンクルでしっかりケアをして、角質層の保湿をしっかりしてお肌を乾燥させたりしないようにすることが重要なんですね。


ところで『ドモホルンリンクル』という名前の由来ですが、それは、


ドモ(Domo)はラテン語で「抑制」
ホルン(horn)はドイツ語で「角質」
リンクル(Wrinkle)は英語で「シワ」


ということで、ドモホルンリンクルは根本的に『お肌のことだけを考えた化粧品』という現れなのですね。


ドモホルンリンクルで乾燥しがちなお肌に水分を補給しつつ閉じ込めることによりかなり老化を防ぐことが可能なのですが、40代中盤を超えてくると外からあれこれやっても実際には間に合わなくなってくるのですよね。


なので、40代中盤を迎えるころには、女性ホルモンの減少なども考慮して内側からも助けてあげることが必要となってくると思います。


お肌の事は、外からはドモホルンリンクルで中からはサプリを利用することで対処できますが、重力で負けてきそうな所は美顔器やリンパマッサージなどで助けてあげると一層効果的に若さを保てると思います。


TOPページでは、ドモホルンリンクルの無料お試しセットについて紹介しています。申し込む時の注意点、口コミ情報、他さまざまなお役立ち情報を紹介しています。