熊本大学との共同研究

MENU

再春館製薬所と熊本大学による産学連携プロジェクト

再春館製薬所と熊本大学による産学連携プロジェクト

ドモホルンリンクルを展開する再春館製薬所は、さまざまな分野で国立大学法人熊本大学との共同研究を行っています。


当サイトでも、色々なところで「熊本大学との共同研究により〜」というご紹介をしています。


そのような密接な協力関係にある再春館製薬所と熊本大学ですが、さらに協力を進めていくようです。


2017年4月1日(土)より、再春館製薬所と熊本大学による産学連携プロジェクトとして「再春館・自然×サイエンス共同研究講座」を開設することが発表されました。


(出典:再春館製薬所2017年3月27日プレスリリース


共同研究講座における研究内容

共同研究講座は、熊本大学薬学部に設置され、研究目的として、化粧品・食品の機能性成分探索のための素材研究とその応用に至るプロセス最適化の研究を通じて自然の力を最大限引き出していくことを掲げています。


熊本大学薬学部の協力のもと、限りある資源である薬用植物の力を最大化するための栽培方法・栽培地の最適化をはじめ、抽出技術の開発を一貫して行っていくことが表明されています。


この研究計画は、文部科学省の「地域科学技術実証拠点整備事業」にも採択されています。


共同研究講座設立の背景

共同研究講座設立の背景には、漢方製剤に対しての医療現場におけるニーズが高まっていることがあります。


厚生労働省が行った平成26年「薬事工業生産動態統計年報」では漢方製剤等(生薬・漢方製剤・その他の生薬及び漢方処方に基づく医薬品)の生産金額は平成12年〜平成26年の間に約46.8%増加し、1,581億円(平成26年)。その原料となる薬用植物の需要量は、今後とも増加が見込まれています。

薬事工業生産動態統計年報


漢方製剤等の生産額が増加する一方で、原料となる薬用植物の生産においては約83%を中国から輸入しており、日本国内での需要増加に対して、日本国内での薬用植物の生産量増加は、今後、持続可能な利用を行う上で、急務となっている状況があります。


熊本大学との産学連携への期待

ドモホルンリンクルを展開する再春館製薬所と熊本大学による共同研究は、多くの成果を生み出してきました。


私たちは、ドモホルンリンクルの製品を通じてその成果を享受することができるのですが、研究・協力が進むことで、さらに素晴らしい製品が生まれてくることを期待したいと思います。


TOPページでは、ドモホルンリンクルの無料お試しセットについて、申し込む時の注意点、口コミ情報、他さまざまなお役立ち情報を紹介しています。