梅雨こそドモホルンリンクル?

MENU

梅雨時こそドモホルンリンクルを使うべき?

梅雨時こそドモホルンリンクルを使うべき

梅雨(つゆ)とは、毎年、5月から7月にかけて毎年めぐって来る曇りや雨の多い期間のこと。

 

日本の気象状況は明確な乾季・雨期に分かれていませんが、いわゆる雨期に相当する天候ですね。

 

梅雨は、春の終わりであるのとともに、夏の始まりでもあります。季節の変わり目で、お肌の調子も変わりやすい時期です。

 

梅雨の時季のお肌は、湿気と暑さによる汗や皮脂でベタつきがちです。この時期のお肌は、湿気や汗、皮脂などでふやけていて傷つきやすく、デリケートになっています。

 

ドモホルンリンクルは、しっかり保湿してくれる反面、重いとか、ベタつくという評価を受けることもあります。

 

肌がべたつく梅雨の時期は、ドモホルンリンクルでケアするのも控えがちになってしまいますが、ドモホルンリンクルからは、梅雨の時期こそドモホルンリンクルをしっかり使って欲しいというメッセージが発信されています。

 

梅雨どきこそ保湿が重要

梅雨どきこそ保湿が重要

汗をかいた直後はベタベタするのに、しばらくするとお肌がカサカサになってしまった、という体験がある人は多いでしょう。

 

肌がこのような状態になるのは、汗が蒸発するときに、お肌に必要な水分までも一緒に奪っててしまっているからです。

 

この状態を「過乾燥」といいますが、過乾燥の状態になると、お肌は水分をこれ以上蒸発させないために、皮脂を分泌してフタをしようとします。テカリやベタつきの原因となる皮脂
を自ら作ってしまうという悪循環に陥ってしまうのです。

 

過乾燥を防ぐためにも、梅雨の時期でも、たっぷり保湿をする必要があるのです。乾燥肌を防ぐためには?でも、乾燥肌対策をご紹介しています。

 

梅雨どきのお肌を守るポイントは3つです。

 

@ 【丁寧な洗顔】を行い、お肌を清潔に保つ
A 曇りや雨の日でも【紫外線対策】をしっかり行う
B たっぷり【保湿】することも忘れずに

 

梅雨もドモホルンリンクルをしっかり活用して、お肌のコンディションを維持するようにしてくださいね。

 

TOPページでは、ドモホルンリンクルの無料お試しセットについて、申し込む時の注意点、口コミ情報、他さまざまなお役立ち情報を紹介しています。