ドモホルンリンクルの安心安全追求

MENU

ドモホルンリンクルの安心安全追求

ドモホルンリンクルの安心安全追求

ドモホルンリンクルは、漢方の思想に基づき、自然由来の成分を用いた安心安全な基礎化粧品です。

 

そもそもドモホルンリンクルの製造元である、再春館製薬所は漢方中心の製薬会社ですので、研究開発や生産設備は医薬品レベルのものを備えています。

 

そうしたインフラ面を整えるだけでなく、ドモホルンリンクルでは安心安全を追求するために、安全性試験も徹底して行っています。

 

動物を用いた安全性試験だけでなく、実際に人の肌で効果と安全性を確かめているのはドモホルンリンクルの大きな特徴です。

 

ドモホルンリンクルの6つの安全試験

ドモホルンリンクルの6つの安全試験

ドモホルンリンクルでは、漢方を中心とした天然原料が約170種類にもなるため、1つ1つの原料の安全性は確認済みとしても、組み合わせて使用した際の安全性について、重点的に確認するとしています。

 

 

ドモホルンリンクルでは、次の6つの試験を実際に人の肌につけて肌への刺激や刺激感などを厳重に確認しています。掲載している写真は、ドモホルンリンクルの公式サイトにも掲載されている実際の試験の様子です。

 

肌刺激性予測試験

培養細胞を用いて細胞を傷害する刺激がないことを確認します。

 

肌刺激性試験(パッチテスト)

皮膚に塗布し、赤み・刺激が生じないことを確認する安全試験です。

 

肌刺激感試験(スティンギングテスト)

皮膚に塗布し、かゆみやヒリヒリ感などが生じないことを確認する安全試験です。

 

保存効力試験

処方された化粧品内で菌が繁殖しないことを確認する安全試験です。

 

アレルギー試験

皮膚にくり返し使用して、アレルギー性の有無を確認する安全試験です。

 

眼粘膜刺激性試験

化粧品が眼に入る可能性を考え、培養細胞を用いて刺激性を確認する安全試験です。

 

ドモホルンリンクルの効果を検証する試験

ドモホルンリンクルの効果を検証する試験

ドモホルンリンクルでは、安全性が確認された製品を、次の段階として、実際に人の肌につけて年齢肌に確かな効果があるかを検証するとしています。

 

効果を検証する試験は日本香粧品学会の定めた「化粧品評価法ガイドライン」の中の「新規効能取得のための抗シワ製品評価ガイドライン」に基づく試験が行われます。

 

この効果を検証する試験が、既にご説明したドモホルンリンクルが、ラインナップの全8商品で効能評価試験済みとしているという部分です。

 

具体的には、次の6つの試験を実施して、ガイドラインをクリアしています。

・肌の色味
・皮膚メラニン量(シミ)
・肌のハリ
・角層の水分量
・肌のバリア機能
・肌のシワ状態

 

安心安全に配慮して、最終的に実際に人の肌につけて問題が無いかどうか確認しているドモホルンリンクル。これからも安心安全を追求する姿勢はずっと継続して欲しいものですね。

 

TOPページでは、ドモホルンリンクルの無料お試しセットについて、申し込む時の注意点、口コミ情報、他さまざまなお役立ち情報を紹介しています。