女性ホルモンと美容の関係

MENU

女性ホルモンはお肌にとっても非常に重要

ホルモンバランス

ドモホルンリンクルはホルモン剤が入っているの?という質問がけっこう寄せられるのだそうです。

 

確かに名前から「ホルモン」を連想してしまうこともあるかもしれないですね。

 

もちろん、ドモホルンリンクルに直接ホルモンが配合されているということはありません。

 

それでも、ホルモン、とくに女性ホルモンがお肌にとって非常に重要であることは間違いありません。

 

性ホルモンには、男性ホルモンと女性ホルモンの2つがありますが、美容にとって重要なのは女性ホルモンです。女性ホルモンは、女性らしい身体をつくり、美しさを引き出すために欠かせない存在です。

 

女性ホルモンには2種類あります

女性ホルモンには、2つの種類があります。まずはそれぞれの役割と働きをおさえておきましょう。

 

エストロゲン

エストロゲンは卵巣から分泌されるもので、卵胞を育て、子宮内膜を整え、妊娠に大きく関わっています。思春期に第二次性徴を促進させる役割もあります。

 

エストロゲンは、乳房の発達などを通じて女性らしい体を作るだけでなく、美肌にとっても重要なコラーゲンの産生を促す働きもあります。

 

プロゲステロン

プロゲステロンは、プロゲスターゲン、ゲスターゲンとも呼ばれ、卵巣内で、排卵により成熟した卵子が放出された後に発達する黄体(おうたい)から分泌されます。

 

プロゲステロンは、エストロゲンの作用を受けた子宮内膜に働きかけるもので、基本的に妊娠に大きく関わるものです。

 

女性らしい体つきをつくる働きや、美容に関わる部分での影響はエストロゲンの方が大きく、女性ホルモンというと、エストロゲンを意味する場合も多いことは覚えておくと良いと思います。

 

女性ホルモンの分泌は月経周期に伴い大きく変動します

女性ホルモンである、エストロゲンやプロゲステロンの分泌は、月経周期に伴い大きく変動します。ここで月経周期の基礎知識をおさえておきましょう。

 

月経周期は、「月経期(生理期)」、「卵胞期」「黄体期」の3つに大別されます。エストロゲンやプロゲステロンの分泌は、この3つの時期で分泌が大きく変動します。

 

月経周期

 

月経期

月経期はいわゆる生理中のタイミングです。妊娠しなかったときは、不要になった子宮内膜がはがれ落ち、血液といっしょに体外へ排出されます。

 

体温が下がりやすいので体を温めて、お肌には水分を補給して潤いを与えると良いです。鉄分が失われやすいのでレバーなど食品で補うのも快適に過ごす秘訣ですよ。

 

卵胞期

卵胞期は、卵巣にある原始卵胞が発育しはじめるタイミングです。子宮内膜が少しずつ厚くなり準備が整うと、卵胞から卵子が飛び出す排卵を迎えます。

 

卵胞期は、お肌にとってはエストロゲンの分泌がピークになる好調期です。ビタミンCを多めに摂取すれば、さらに美肌効果が促進されますよ。

 

黄体期

黄体期は、卵子が飛び出したあとの卵胞が黄体という組織になり、受精卵が着床する準備を整えるタイミングです。

 

黄体期に入ると、エストロゲンの分泌は減少し、代わってプロゲステロンの分泌が増加します。美容にトラブルが出やすいのはこの黄体期です。

 

黄体期に必要なケア

黄体期は、美容にトラブルが出やすいタイミングです。黄体期を前期と後期に分ける考え方もありますが、基本的に前期は精神的な影響が大きく、後期に入ると不調が身体に現れてくるという特徴があります。

 

黄体期前期、排卵直後は、プロゲステロンが優位になりはじめる調整期です。イライラしたりすることも多くなり、精神的な影響が現れてきます。海藻などで食物繊維を補うと良いと言われます。

 

交代期後期は、生理直前の不調期です。PMS(月経前症候群)が現れるのもこのタイミングで、不調が身体に現れてきます。バナナなどで糖分やカリウム、マグネシウム、ビタミンB6などビタミン・ミネラルをバランス良く補うと良いと言われます。

 

エストロゲンの分泌を、プロゲステロンの分泌が上回る黄体期は、いわゆるホルモンバランスが乱れるタイミングです。このタイミングが要注意!と覚えておくと良いですよ。

 

黄体期、ホルモンバランスが乱れるタイミングでは、体調によってはドモホルンリンクルの使用は控えた方が良い場合もあります。

 

もしドモホルンリンクルを使い始めているなら、メールや電話で自分のお肌の調子を伝えて、ドモホルンリンクルの最適な使い方についてアドバイスを受けてみることをオススメします。

 

TOPページでは、ドモホルンリンクルの無料お試しセットについて、申し込む時の注意点、口コミ情報、他さまざまなお役立ち情報を紹介しています。