美肌のためにはホルモンバランスを保つことが重要

MENU

美容のためにはホルモンバランスを保つことが重要

ホルモンバランス

女性ホルモンと美容の関係では、2つの女性ホルモン、エストロゲンとプロゲステロンのバランスについてご説明しました。

 

ところで、ホルモンバランスという時に、もう一つ別な視点もあります。それは女性ホルモンと男性ホルモンの分泌バランスのことです。

 

エストロゲンとプロゲステロンのバランスは、基本的に生理周期にしたがって変化し続けるサイクルなので、自然な循環の一つとも言え、女性である限りは回避することができません。

 

これに対して、女性ホルモンと男性ホルモンの分泌バランスという意味でのホルモンバランスの異常については、ストレスなどの影響で男性ホルモンが増加することで生じるもので、より深刻な事態になりがちです。

 

エストロゲンを補うことが重要

2つの女性ホルモン相互のホルモンバランス、女性ホルモンと男性ホルモンのホルモンバランス、どちらについても、結局のところ重要なのは、エストロゲンを適切に補うことです。

 

2つの女性ホルモン相互のホルモンバランスという意味では、プロゲステロンの分泌が、エストロゲンの分泌を上回ってしまうという問題です。

 

女性ホルモンと男性ホルモンのホルモンバランスという意味では、男性ホルモンの分泌がエストロゲンの分泌を上回ってしまうという問題です。

 

どちらの問題を解決するにしても、ホルモンバランスの問題を解決するためには、エストロゲンを適切に補うことが重要と言えるわけです。

 

イソフラボンを活用しましょう

イソフラボン

エストロゲンを適切に補うためには、植物エストロゲンとも言われる『イソフラボン』を積極的に摂取すると良いです。

 

イソフラボンは大豆などの植物に多く含まれるもので、エストロゲンと非常によく似た働きをします。

 

今では、イソフラボンを積極的に取り入れようとする動きは、美肌ケアの定番的な対策の一つと考えて良いぐらいに広まっています。

 

イソフラボンは、大豆や大豆製品など、手軽に摂れるものに多く含まれているので、日頃の食生活に気を付けることで対策出来ます。

 

イソフラボンを摂取量は、1日に50mg以上を目安としてオススメしますが、代表的な大豆を使った食品のイソフラボン含有量は次の通りです。

 

納豆: 1パック(50g) 65.0mg
大豆飲料:125ml 69.0mg
豆腐:1/2丁(110g) 55.0mg
油揚げ:1/2枚(75g) 52.5mg
大豆煮:50g 30.0mg
きな粉:おおさじ1(6g) 15.6mg
みそ:おおさじ1(18g) 7.2mg

 

日々のお肌のケアにドモホルンリンクルを使うだけでなく、食事を通じてイソフラボンを積極的に摂り入れることにも気を配りましょう!

 

TOPページでは、ドモホルンリンクルの無料お試しセットについて、申し込む時の注意点、口コミ情報、他さまざまなお役立ち情報を紹介しています。