土用の丑の日には鰻を食べる?

MENU

土用の丑の日にはどうして鰻を食べることになったの?

鰻

日本の夏の風物詩として、暑い時期を乗り切るために栄養価の高いウナギを食べるという習慣があります。

 

『土用の丑の日の鰻』というと、スーパーでも鰻がずらっと並ぶタイミングですね。

 

 

ドモホルンリンクルに関心がある人なら、体調管理にも気を配っているはず。毎年、土用の丑の日には鰻を食べているという人も多いかも知れません。

 

ところで、なぜ土用の丑の日に鰻を食べるようになったのでしょうか?そもそも土用の丑の日って何でしょう?解説します。

 

土用の丑の日とは

土用の丑の日

土用(どよう)とは、五行に由来する暦の雑節で、1年のうちで立夏・立秋・立冬・立春の直前約18日間が当てはまります。

 

丑の日(うしのひ)とは、十二支が丑(うし)の日という意味です。十二支が書いてあるカレンダーを見ることがあると思いますが、アレです。

 

土用(どよう)の期間が約18日、そこに十二支(12種類)が巡るわけですから、1年に最低1回は土用の丑の日が発生することになります。多い年は、2回、土用の丑の日が発生します。

 

ちなみに2017年の夏の土用の丑の日は、7月25日(火)と、8月6日(日)です。

 

なぜ鰻を食べるようになったの?

江戸時代

日本ではかなり昔から、土用の丑の日に鰻を食べる風習があったことが知られています。

 

有名なところでは、万葉集にも大伴家持が詠んでいます。

 

(原文)石麻呂尓吾物申夏痩尓吉跡云物曽武奈伎取喫

 

・・これだと何のことか分かりませんね。汗

 

すごく要約すると、うなぎは夏痩せにいいと聞いているから、うなぎを取って食べてみたらどう?という意味なんだそうです。

 

もっとも、現在につながる土用の丑の日に鰻を食べる風習は、江戸時代にマルチに活躍した発明家、平賀源内によるものだというのが通説です。

 

商売がうまく行かない知り合いの鰻屋が、夏に売れない鰻を何とか売るため源内の元に相談に赴いたところ、源内は、「本日丑の日」と書いて店先に貼ることを勧めたそうなんです。

 

当時はもともと、丑の日に『う』の字が付く物を食べると夏バテしないという風習があったということですが、それまで丑の日とウナギを結び付けた人は人は居なかったということなんですね。

 

源内のアイディアで、その鰻屋は大変繁盛することになり、江戸中の鰻屋がそれを真似するようになった・・ ということなんですね。

 

暑い夏はドモホルンリンクルだけでなく、食事もしっかり!

ドモホルンリンクルでお肌はしっかりケアしつつ、夏は体調管理にも気を使いたいものです。 漢方の考えでは、夏バテには主に「暑邪(しょじゃ)」が、影響していると考えます。

 

暑邪は、汗として体の水分を発散させるとともに、体のエネルギーである「気」も一緒に奪ってしまい、夏は普通に過ごしていても体力を消耗するということなのです。

 

また暑くなると、お茶やお水を飲みほしたくなりますが、余分な水分は胃腸の不調を招くので、ほどほどにしておくことが大切で、食事にはより一層気を配るべきなんです。

 

鰻は、昔から失った「気」を補ってくれる食材として重宝されてきました。さらに鰻は、免疫力を高めるビタミンAのほか、糖質や脂質の代謝を助けるビタミンB1、B2を豊富に含みます。

 

お肌のケアだけではなく、鰻など旬の食材も取り入れて、暑い夏を夏バテしないで乗り切っていってくださいね。

 

TOPページでは、ドモホルンリンクルの無料お試しセットについて、申し込む時の注意点、口コミ情報、他さまざまなお役立ち情報を紹介しています。