ドモホルンリンクルを夏の汗ばむ時期でも快適に使うコツ

MENU

ドモホルンリンクルを夏の汗ばむ時期でも快適に使うコツ

汗ばむ時期

ドモホルンリンクルは効果があると分かっていても、夏の暑い時期には、べたつきが気になってついつい手入れを疎かにしてしまいがちです。

 

ただでさえ汗ばむ季節なのに、そこにまた化粧品を重ねるのは、どうしても不快感もあって・・と考えてしまう人も多いでしょう。

 

でも、実は夏こそ肌のお手入れに絶好の季節!というメッセージがドモホルンリンクルの公式Facebookで発信されています。

 

夏は、肌表面の温度が上がっているために、お肌に与えた成分が浸透しやすくなっていますし、気温の上昇とともにお肌の新陳代謝も上がるので、お手入れの成果も出やすいというのです。

 

そこで、出来るだけ不快感を抑える工夫が大事になってくるということなんですね。

 

汗を素早く引かせる方法

冷水シャワー

特にお風呂上りは、ポイントです。お風呂から出る直前に、足元に冷水シャワーをかけると汗がひきやすくなるといいます。

 

さらに、お手入れ中は、背中から扇風機を当てるのがおすすめ。冷水シャワーと背中からの扇風機で、お風呂上がりの汗も、すっと引いていきます。

 

また、朝にホットタオルで身体を拭くのも効果的。暑いんじゃ?と思ってしまいますが、血行がよくなり、拭いたあとはスーっと涼しくなります。ホットタオル(蒸しタオル)は、電子レンジで簡単につくれて準備が簡単なので、忙しい朝にも最適です。

 

夏こそクリーム20を活用!

夏はローションだけでさっぱり済ませたいとうのはNGです。汗は蒸発しながらお肌の水分を奪ってしまいますし、クーラーの風は毛穴の奥まで届いて水分を奪っていきます。夏のお肌の奥は、知らずに完走が進んでいるんです。

 

だから実は、夏こそクリーム20をしっかり活用することをオススメします!クレームが浸透しにくいと思う方は、いつもの「5点置き」から、「10点置き」へ変更してみると良いかも知れません。

 

おでこと眉間に4点、目の下と頬に左右2点ずつ、そしてあご元に2点置き、クルクルとなじませるといつもよりすばやく浸透します。

 

ドモホルンリンクルの看板製品「クリーム20」を、夏にこそしっかり活用していきましょう!

 

TOPページでは、ドモホルンリンクルの無料お試しセットについて、申し込む時の注意点、口コミ情報、他さまざまなお役立ち情報を紹介しています。