敬老の日の贈り物にドモホルンリンクル

MENU

敬老の日の贈り物にはドモホルンリンクルがおすすめ

敬老の日の贈り物

ドモホルンリンクルの公式Facebookで、敬老の日の贈り物にドモホルンリンクルはいかがですか?と提案・発信されています。

 

ドモホルンリンクルは贈り物にも最適でもご紹介しましたが、プレゼントとしてドモホルンリンクルを贈る人が増えているようです。

 

ドモホルンリンクルが販売されたのは1974年ですから、もう40年以上歴史がある基礎化粧品です。お母さんが娘に伝えて、今では、祖母、母、娘と3代でドモホルンリンクルを使用しているご家族も多いのだとか。

 

ドモホルンリンクルを愛用している人なら、贈り物にドモホルンリンクルを贈られたらとても嬉しいですよね。確かに、敬老の日の贈り物にはお薦めできそうです。

 

そもそも敬老の日とは

敬老の日

敬老の日は、昭和23年に国民の祝日に定められました。制定当初は9月15日でしたが、平成13年の祝日法改正によって9月第3月曜日に移ることになりました。

 

いわゆるハッピーマンデー制度の影響で、3連休となり、実家に帰省して両親に感謝の意を伝えたりなどもし易くなりました。

 

そもそも敬老の日とは、兵庫県多可郡野間谷村(現在の多可町八千代区)で、1947年(昭和22年)9月15日に、村主催の「敬老会」を開催したのが「敬老の日」の始まりであるとされています。

 

もう一説には、聖徳太子が四天王寺に悲田院を建立した日が593年9月15日であることから、敬老の日の由来をここに求める説もあるようです。

 

国民の祝日が制定されれば、デパートなどが贈り物に活用しようと思うのは世の常です。敬老の日も、日本が経済成長して豊かになるにつれて、さまざまな贈り物が提案されるようになったのです。

 

ドモホルンリンクルを敬老の日の贈り物に贈ってみる?

ドモホルンリンクルのプレゼント設定は充実しています。

 

包装紙の種類は5種類(5色)で、リボンシールの有無なども選択可能。メッセージカードの要不要も選ぶことができ、メッセージカードを付ける場合は80文字以内のメッセージを添えることができます。

 

今年は思い切って、ドモホルンリンクルを敬老の日の贈り物に贈ってみても良いかも知れませんね。

 

TOPページでは、ドモホルンリンクルの無料お試しセットについて、申し込む時の注意点、口コミ情報、他さまざまなお役立ち情報を紹介しています。