漢方における証とは?

MENU

漢方における「証」とは

漢方における「証」とは

漢方では、人の体質を診るものさしを「証」と呼びます。

 

証は、その人の体型や声の大きさ、血圧、お腹の状態や女性であれば月経痛の症状などによっても判断され、いくつかの分け方があります。

 

 

とくに病態の基本的なものを表すのが「虚(きょ)」「実(じつ)」です。

 

漢方では「同病異治(どうびょういち)」といって、人はそれぞれ固有の体質を持ち、症状のあらわれ方も個々人によって違うので、同じ病気でも、治療の方法が人によって異なってきます。

 

その際、個々人の体質と、かかりやすい病気の傾向を知る目安として、「虚証」「実証」に大きく分けられるのです。

 

虚証は本来の生命力が弱まって体の機能が低下した状態、つまり虚弱な人が不健康になった状態です。

 

実証は有害物によって体の機能が阻害された状態、つまり壮健な人が不健康になった状態」です。

 

例えば、同じ「疲れ」という症状があっても、虚証と実証では捉え方が違ってくるわけです。

 

虚証の養生ポイント

虚証は疲れが出やすい傾向

虚証は一般に疲れやすく、胃腸が弱いなど虚弱な人が多い傾向があります。とは言え、必ずしも寿命が短いわけではないですし、色白でひょろっとか弱そうに見える人がみんな虚証というわけでもありません。虚証は慢性的な症状を訴えることが多く、病気になっても症状の出方は比較的穏やかです。

 

低下した生命力(気)を高める

虚証とは本来の生命力が弱まって体の機能が低下した状態なので、治療としては生命力を補う必要があります。養生の原則は、低下した生命力を高めることです。生命力(気)には、肺(空気)と胃腸(飲食物)で造られる「後天の気」、生まれながらの「先天の気(元気)」があります。虚証は、生命力を普段から丈夫にしていく必要があります。

 

弱っている機能をまず休める

例えば胃腸機能の弱い人は、胃腸に負担をかけない食事を心がけることが大切です。夏に冷たいものを食べすぎて胃腸が疲れていると感じたら、まずは胃腸を休めることが先決です。「温かいものを少量、和食粗食で腹八分目」が基本です。

 

「精をつけなきゃ」と無理にたくさん食べたり、脂っこいものや刺激物などを摂ったりすると、かえって胃腸の機能を低下させてしまうので注意しましょう。また、虚証は冷えに弱いことが多く、クーラー病になったり、秋口の涼しさにうっかり窓を開けて眠って冷えたり、夏に避暑地に行って冷えて体調を崩す人が増えるので、気をつけましょう。

 

実証の養生ポイント

実証は疲れが潜みやすい傾向

実証は比較的丈夫で、実際は疲れていても疲れを感じにくい傾向があります。しかし、壮健だからといって必ずしも虚証より寿命が長いとは限らないですし、一見がっしり丈夫そうな体格でも、実は体力のない人もいるので、見かけだけで判断はできません。実証は普段は元気ですが、ひとたび風邪をひいたりすると急激な症状があらわれる傾向があります。

 

自分にとって有害なものを避ける

実証は、有害物によって体の機能が阻害された状態なので、治療としては有害物(邪)を除去する必要があります。養生の原則は、有害物質を避けることです。といっても、人によって何が有害かは千差万別です。

 

例えば「お酒を飲むと下痢をしやすい」という自覚があるならお酒を控える、あるいは「空気が乾燥すると風邪をひきやすい」という自覚があるならマスクや加湿器を使うといった対策をとることが大切です。普段から「自分には何が有害か」ということをかえりみて、それをできるだけ避けるのが得策です。

 

疲れは体が発する休憩の警告です

実証は疲れをあまり感じない分、つい無理をして体に負担をかけてしまうことが多い傾向があります。少しでも「いつもと違って調子が悪いな」と思ったら、早めに休むのが鉄則です。「仕事でどうしても休むわけにはいかない」と無理し続けていると、突然高熱が出るなど急激な症状に陥りやすいので気をつけましょう。

 

特に男性は「このぐらいの疲れなんて」と我慢しがちなので、普段から自分の体の声によく耳を傾けることが大切です。

 

また、引っ越しや転職などで環境が変わったときや、大きな仕事の節目、あるいは季節の変り目などの「境目」にガクンと疲れが出て体調を崩してしまうケースが多いので、そうしたときはできるだけ休息をとるように心がけましょう。

 

参照元:養命酒「元気通信

 

TOPページでは、ドモホルンリンクルの無料お試しセットについて、申し込む時の注意点、口コミ情報、他さまざまなお役立ち情報を紹介しています。